POWERS
ENGLISH
ホーム 中古車情報 新車情報 整備のご案内 イベント&通信
ホーム > イベント情報&パワーズ通信 > パワーズ通信
パワーズ通信 2012年夏号
このパワーズ通信は、1987年より16年間、「紙」にてお客様にお届けしてきた、
いわゆるダイレクトメールってやつを、WEBページ内に移行して展開するものです。
バイクにまつわる話題を中心に、様々な情報を、「だらっ」と「マイペース」でお届けします。

 
 




愛車のエンジンオイル(またはトランスミッションオイル)の交換時期をしっかりと把握しているライダーは、たくさんいると思います。でも、本当はエンジンオイル同様に定期的な交換が必要なのに、サスペンションのオイル管理をきちんと行っているライダーは、意外と少ないのが実状です。

バイク用の一般的な前後サスペンションには、内部にオイルが入っていて、バネが伸び縮みを繰り返そうとする動きを、いわゆるダンパー効果によって抑制しています。そのためバイクを走らせると、内部のオイルは狭い通路を通りながら高速でかく拌されて高温になり、劣化してしまうんです。さらに、オイルというのは置いておくだけでも酸化により劣化します。だから、サスペンションオイルを交換せずにバイクを走らせ続けると、サスペンションが本来の性能を発揮できない、いわゆる「ヘタった」状態となってしまいます。

サスペンションがヘタると、例えばふわふわと落ち着きがない乗り心地になります。ところが、サスペンションオイルというのはある日突然に劣化するのではなく、徐々に性能が落ちていくので、人間のほうが変化に少しずつ慣らされてしまって、ヒドい状態になっているにもかかわらず、愛車の足まわりがヘタっていることに気づいていないライダーもたくさんいます。

そこでパワーズでは、一般的な街乗りライダーのみなさんには、1万km走行ごとまたは2年ごとの、どちらか早い段階でのサスペンションオーバーホールを推奨しています。パワーズでは、一般的なフロントフォークについては、ほぼすべての機種のオーバーホールが可能です。またリアサスペンションのオーバーホールについては、専門の特殊工具やノウハウが必要ですが、信頼できるショップにパワーズから依頼できます。ちなみに機種によっては、リアサスペンションのオーバーホールができなかったり、新品を購入するほうが安上がりだったりすることもあります。まずは、メカニックにご相談ください。

実際の作業は、基本的にはオイルとブッシュ類の交換が中心ですが、サスペンションの状態によっては、別途スプリングなどの交換が必要となることもあります。整備内容についても、まずはご相談ください。

スポーツモデルの場合、どんなに良いタイヤを入れたとしても、足まわりがしっかりしていなければ、気持ちよく曲がれません。たとえスクーターでも、足まわりをリフレッシュすれば快適に走ることができます。

秋のツーリングシーズンに向けてサスペンションをリフレッシュして、よりいっそうライディングを楽しみましょう!





 
 

ひとくちコラム

「風が吹けば桶屋が儲かる」
の巻


真夜中、伊東の堤防に立って竿を振る。エギというルアーを海底に投げてイカを狙う。
都会の喧騒から離れ、日常の煩わしさから解放され、世界情勢について考えるにはもってこいの環境である。

今、世の中には難問が山積している。
消費税増税、ヨーロッパ経済懸念、原発再稼動問題、透き通ったイカソウメン。
しかし、これらの問題は国の経済が潤えば解決する。

例えばいま、私の竿に2kgのアオリイカが乗って乗って乗りまくる。私はイカという海洋資源に甚大な打撃を与え、日本近海からイカが消え、東南アジアやアフリカからイカを輸入することになる。新興国経済がイカ輸出で潤い、新興国に投資する先進国財政が回復し、欧州中央銀行がEU低迷各国を救い、米ドルも好調に推移し、円高が解消される。日本の生産業は利益を上げ、法人税収が増大し、消費税増税は見送られる。

ついでに世界的イカ不足のため、イカ保護を目的にイカを捕食するマッコウクジラの捕鯨が容認され、千葉の捕鯨漁業が活気を取り戻すと、バイクでも買うかということになり、パワーズはその恩恵に預かる。

日本経済が復興を遂げると、再生可能エネルギーに莫大な予算が割かれ、研究が急ピッチで進み、需要が拡大しコストが下る。その結果、原発は世界規模で廃止に追い込まれ、行き場を失ったフランスの原発開発は自然エネルギー開発に切り替えられ、環境保全に拍車がかかる。

同時に環境保護の一環としてイカ漁が禁止されるが、近畿大学が人工飼料によるイカの完全養殖に成功し、我々はイカを食べ続けることができるので、私は誰にも非難されない。禁漁の成果で天然のイカは海に溢れ、結果、鯨もマグロも健全にその数を増やす。

そして私は、透き通ったイカソウメンを今夜たらふく食える。イカ御殿も建つだろう。

完璧だ。池上彰もびっくりの”正のスパイラル”。 究極のポジティブ・ピタゴラスイッチである。

ところがだ、ところがそのイカが1パイも釣れない。朝まで粘っても、釣れない。
結局のところ、風が吹かなければ、桶屋はいつまでたっても儲からないのである。



 

パワーズ通信2012年春号はこちら

そして勝手に抜粋した「ひとくちコラム」2011年以前号はこちら
所在地
有限会社パワーズ
〒233-0013
横浜市港南区丸山台3-21-3
TEL:045-844-2023
FAX:045-841-0137
E-Mail:info@powers-mc.com

<営業時間>
10:00〜19:00
<定休日>
水曜日・第3日曜日

店舗地図はこちら

お問い合せはこちらから
ページトップ
Copyright(C) 2011 POWERS All Rights Reserved.